「ウェブサイトの費用はいくらかかりますか?」の質問にお答えします。知っておきたい「制作」以外にかかる費用

「ウェブ制作にはいくらかかりますか?」と言うのは、よくある質問の1つですが、実はウェブサイトを公開し運営していくには「制作する」以外にもお金がかかります。

今回は、中小企業のコーポレートサイトを作って運用していく場合に必要な費用項目をリストアップしました。

費用プランを立てる際の参考にしてください。

★は絶対に必要な費用、それ以外は頑張れば節約できる費用です。

ウェブ制作費用★

これは絶対に必要な費用です。ただし自分で作る場合は無料に近づけることもできます。(20万円〜200万円程度が一般的。ボリュームや必要機能、制作手法によって差が出ます。)

サーバー費用★

絶対に必要な費用です。
契約手続きを外注すれば手数料がかかる場合がありますが、その際も、名義は仲介者ではなく自社名義で契約することをおすすめします。(月額、数百円から数千円程度が一般的。)

ドメイン費用★

ドメインとは、ホームページの住所。xxxx.co.jpやxxxx.com等の使用料です。
取得手続きを外注すれば手数料がかかる場合がありますが、その際も、名義は仲介者ではなく自社名義で契約することをおすすめします。(年間、千円くらい数千円程度が一般的。)

コンテンツ作成、ライティング費用

ホームページに掲載する内容を自社で決められなかったり、文章作成を外注する場合は費用がかかります。(ページあたり数千円が一般的。)

写真や画像費用

社員や商品の写真をカメラマンに撮影してもらう場合や、プロのイラストレーターに描いてもらう場合、また有料素材サイトから画像を購入する場合は、それぞれに費用がかかります。自分で撮影したり無料素材を使用すれば、費用はゼロです。(カメラマン出張撮影費は数時間で1万円〜5万円程度が一般的。イラスト作成費は1点2~3千円から数万円、難易度によって差が出る。)

サイト更新費用

更新を業者に委託する場合は、定額の月額がかかる場合と必要な時だけ更新を依頼し、その都度費用を支払う場合とがあります。(月額数千円〜3万円程度、内容によって異なる。)
自社で行う場合は外注費はかかりませんが、時間的なコストを確保しておく必要があります。

 

サイト運営サポート費用

サイトの更新方法やバックアップの取り方、技術的な困りごとに対しての解決を、専門家に委託する費用です。運営に慣れるまで利用する、という手もあります。(月額数千円〜3万円程度、内容によって異なる。)

ウェブ広告費用

リスティング広告やFacebook広告の費用です。月々の予算を決めて運用するのが一般的。(月額数万円〜十数万円かける企業が多い。)
広告不要な場合は、もちろん費用はゼロです。

SEO費用

SEOとは、GoogleやYahooなどの検索エンジンで上位表示されるようサイトを最適化することです。
業者に委託したりコンサルティングを頼むとそれなりに費用がかかりますが、コツを掴んで時間をかけて更新をコツコツと積み上げていけば、お金をかけなくても自社で効果を上げていくことができます。(外注先によって大きく異なる)

メールマガジン費用

ウェブサイトと並行してメルマガを発行したいのであれば費用をかける必要があるかもしれません。メルマガシステムは無料のものから有料のメルマガスタンド(月数千円から数万円)があります。

SNSの運用費用

ホームページと並行してSNSを活用する企業は少なくありません。FacebookページやInstagram、Twitterなどでの情報発信を外部に代行してもらう場合やコンサルタントからアドバイスをもらう場合は費用がかかります。(外注先によって大きく異なる)
余裕があれば、自社で工夫して運用することをおすすめします。

 

 

以上、ウェブサイトにかかる費用をご紹介しました。

外部に委託するもの、自社でできるもの、は、予算だけでなく、スタッフのスキルや社内体制を踏まえて決めましょう。

また外注する場合は、見積金額だけでなく、対応範囲や対応スピードはどうなのか?途中解約することができるか?なども確認し、慎重に委託先を選定することをおすすめします。