Webサイトの更新が反映されない・・・そんな時は「スーパーリロード」が解決してくれるかも

Web担当者からWebサイト更新完了の連絡が来たので、自分のブラウザ(Internet ExplorerやGoogle Chromeなど)で確認したところ、「何も変わってない」とか「デザインが崩れている」なんてこと、ありませんか?

そのトラブル、ブラウザのキャッシュが原因かもしれません。

キャッシュとは

キャッシュとは、Webページの表示速度を早くするために、過去に閲覧したページの情報を一時的にブラウザが記憶しするしくみのこと。
特に何もしなければ、過去に訪問したページを再訪問したときは、このキャッシュのおかげでページが速く表示されます。でもそのかわりに、実は過去の状態を閲覧しているかもしれないのです。

「いやいや、そんなことわかってますよ。だからページをリロード(再読込)しました。でも変わらないんです。」
ということがたまにあります。

リロード(再読込)しても最新の状態にならないときもある

そうなんです。リロード(再読込)ボタンをクリックしたり、F5キーを押したりして、ページを再表示しても、実はページが最新の情報にならない場合があります。

単なるリロード(再読込)では、そのページ(htmlファイル)だけしか再読込しません。
文字情報を更新しただけならば、リロード(再読込)で十分最新の状態を確認できます。

でも、特にデザインや動きを更新した場合は、そのページ(htmlファイル)に関連づけられたcssファイル(レイアウトやデザイン等を指定するファイル)やjsファイル(動作等を指定するファイル)なども同時に再読込しなければ、更新結果が反映されず、最新の状態を表示できません。そのため、リロードして文字情報は変わったけれど、デザインが崩れている・・・とか動作がおかしい・・・というトラブルが起こってしまう時があるのです。

そこで「スーパーリロード」が必要なのです。
表示しているページ(htmlファイル)とそれに関連づけられたファイルも同時に全て再読込してくれるのが「スーパーリロード」です。

スーパーリロードの方法

ブラウザの種類によって異なるいくつかのやり方がありますが、メジャーなブラウザならば下記の方法だけ覚えておけばOKです。

Windowsの場合

Ctrl + F5Ctrlキーを押しながらF5キーを押す)

Macの場合

command + shift + Rcommandキーとshiftキーを押しながらRキーを押す)

ちなみに、この操作が有効なのは、あくまで閲覧中のページについてです。
ブラウザのキャッシュをすべて削除したい場合や閲覧履歴をすべて削除したい場合は、
それぞれブラウザの設定メニューで操作してくださいね。

更新したはずのWebサイトがなぜか変わっていない・・・そんなときは「スーパーリロード」。ぜひお試しください。